Allure Behaveで検査結果にMarkdown文書を添付する

このエントリでは、 Allure Behaveで検査結果にMarkdown文書を添付する方法を記載します。 Allureのレポートには、次のページで示されているように、 Screenshots, Videos, Text(html/plain), Tables, URI lists, Documents(xml/json/yaml) などの形式のデータを添付できます。 Attachments | Allure Report https://allurereport.org/docs/attachments/ …

Behaveで(allure-resultの結果を見て)未実施・失敗したシナリオのみを実行する

Behaveでテストを繰り返し実施していると、 失敗したシナリオだけを再実行したい時があります。 そのような場合、 次のリンク先にあるように、テスト結果のフォーマットを「rerun」にすると、 失敗したシナリオのみ再実行することができます。 features/formatter.rerun.feature | behave/behave | GitHub https://github.com/behave/behave/blob/main/features/formatter.rerun.feature こ …

Allure Behaveでログ出力を検査結果に添付する

Allure Behaveでテストをする際に、 標準出力・標準エラー出力を検査結果に添付する方法は、 次のエントリでまとめました。 Allure Behaveで標準出力・標準エラー出力を検査結果に添付する https://takemikami.com/2024/0605-allure-behave-stdout.html このエントリでは、同様にしてログも添付できると便利だと思うので、 その手順をまとめておきます。 テストコードの作成 以下のように、ログを出力するテストコードを用意します。 …

MLflowをnginxのreverse-proxyからforwardして動かす時にsubpathを用いる設定手順

このエントリでは、 nginxのreverse-proxyの後ろで、MLflowを動かすときの設定メモを残しておきます。 MLflowのセットアップは、以下の手順で行った想定で記載します。 UbuntuLinuxにMLflowをセットアップする手順 https://takemikami.com/2024/0319-ubuntulinuxmlflow.html 試した環境: Ubuntu Linux 22.04.3 nginx 1.18.0 MLflow 2.11.1 MLflowでsubpath …

Forgejoをnginxのreverse-proxyからforwardして動かす時にsubpathを用いる設定手順

このエントリでは、 nginxのreverse-proxyの後ろで、Forgejoを動かすときの設定メモを残しておきます。 Forgejoのセットアップは、以下の手順で行った想定で記載します。 UbuntuLinuxにForgejoをセットアップする手順 https://takemikami.com/2024/0318-ubuntulinuxforgejo.html 試した環境: Ubuntu Linux 22.04.3 nginx 1.18.0 Forgejo 1.21.7 基本的には、以下の公式の説明通 …

Allure Behaveで標準出力・標準エラー出力を検査結果に添付する

Allure Behaveを使うと、検査結果レポートを見やすく表示できます。 Allure Behave | Allure Report https://allurereport.org/docs/behave/ また、検査結果にテキスト・画像などの情報を添付して、 付加情報やエビデンスとして活用することもできます。 Attach screenshots and other files | Allure Behave | Allure Report …

自分用にpre-commitとactを動かす環境を作る手順

pre-commit(git hookの管理ツール)やCIを、 Gitのリポジトリに導入することで、コードの品質管理を行いやすくすることができます。 ただし複数人が関わるリポジトリへの導入・機能追加は、 開発者間の調整や、プロジェクトの管理方針うんぬんが関わってきて、 ちょっとしたツールを小回りよく導入することが難しいことが多々あります。 そこで、このエントリでは自分個人の作業効率のために、 pre-commitとact(GitHub Actionsのworkflowを手元のPCで動かすことができる)を導入 …

AWS Step Functionsの単体テスト実施手順

AWS Step Functionsの単体テストをローカル環境で実施したい場合、 AWSのドキュメントに「AWS Step Functions Local」を使った方法が記載されており、 AWS Step Functionsから呼び出す処理(Lamda,SQSなど)をモックする方法もあります。 ステートマシンのローカルテスト | docs.aws.amazon.com …

Forgejoのデータのバックアップ&リストア

以下のエントリでForgejoのバックアップ&リストア手順を示します。 DatabaseにPostgreSQLを使用した手順になります。 手動でのバックアップ&リストア、スクリプト化の順に説明します。 Forgejoのセットアップ・PostgreSQLの設定は、 以下エントリの手順を想定しています。 UbuntuLinuxにForgejoをセットアップする手順 https://takemikami.com/2024/03/18/UbuntuLinuxForgejo.html ForgejoのDB …

ForgejoのDBでPostgreSQLを利用する設定方法

以下のエントリでForgejoのセットアップをしましたが、 Databaseにsqliteを利用していたので、 このエントリではPostgreSQLに変更する手順を示します。 UbuntuLinuxにForgejoをセットアップする手順 https://takemikami.com/2024/03/18/UbuntuLinuxForgejo.html この手順は、以下の内容を参考にしています。 PostgreSQL | Database Preparation | Forgejo …

インターネットに接続できない環境でtiktokenを使う

tiktokenで文字列をエンコードする時、 vocabulary定義をダウンロードするため、 インターネットに接続できない環境では、事前にダウンロードが必要になる。 このエントリでは、その手順を示す。 tiktoken | GitHub https://github.com/openai/tiktoken 該当のダウンロード処理は、次のコードに記載されている。 …

Forgejo Runnerでsetup-pythonを動かした手順メモ

このエントリでは、 Forgejo Runnerでsetup-pythonを動かしたメモを残しておきます。 Forgejo/Runner自体のセットアップ関連は、過去のエントリを参照ください。 UbuntuLinuxにForgejoをセットアップする手順 https://takemikami.com/2024/03/18/UbuntuLinuxForgejo.html Workflowの変更 GitHub Actionsで、 setup-pythonを動かす場合は次のようにWorkflowを記載します。 …

Forgejoでpandocを使ってdocxを表示する設定方法

このエントリでは、 Forgejoでpandocを使ってdocxを表示する設定方法を示します。 また、あわせてDiffの確認できるように設定します。 Forgejoのセットアップ関連は、過去のエントリを参照ください。 UbuntuLinuxにForgejoをセットアップする手順 https://takemikami.com/2024/03/18/UbuntuLinuxForgejo.html ForgejoでJupyteNotebook(ipynb) …

ForgejoでJupyteNotebook(ipynb)を表示する設定方法

このエントリでは、 ForgejoでJupyteNotebook(ipynb)を表示する設定方法を示します。 本エントリは、以下の記事を参考にしています。 How to render Jupyter Notebooks on Gitea | Gitea https://blog.gitea.com/render-jupyter-notebooks/ ※Giteaの記事ですが、Forgejoもほぼ同じ。 Forgejoのセットアップは、過去のエントリを参照ください。 UbuntuLinuxにForgejoをセ …

AWS CloudFormationのテンプレートからパラメータシート生成の検討

このエントリでは、 AWS CloudFormationのテンプレートからパラメータシートを生成して、 実装とパラメータ設計の乖離を防ぐように運用する対応を検討します。 テンプレートからパラメータ生成は次のツールがありますが、 フォーマット等をカスタマイズしたいニーズもあると思うので、 このエントリでは自前で実装することにします。 cfn-docgen - AWS CloudFormationテンプレートからドキュメントを自動生成するツールを公開しました | Qiita …

Author
takemikami
データエンジニア
・データ分析基盤の開発運用
・マーケティングデータ分析
研究履歴 / 執筆履歴 / プロダクト
facebook
X(twitter)
BlueSky
LinkedIn
YouTube
GitHub
SpeakerDeck
slideshare
Books
takemikami's shop
Recent Posts
    [PR]
    PlayStation
    Steam
    About