checkstyle用の独自チェックを実装してみた

Javaの静的検査ツールcheckstyle用に、独自のチェック処理を実装してみたので、メモを残しておきます。checkstylehttp://checkstyle.sourceforge.net/独自チェックの実装方法は、以下の説明の通りです。この説明を参考に実装してみます。Writing Checks | che...

Hubotでslack用のメタル桃子botを作ってみた

メタル桃子は、話しかけられたら『メタル桃子だけど。』と回答するだけでよいので。bot開発に入門するには、取り組みやすいテーマだと考えられます。そこで、このエントリでは、Hubotというbot-frameworkを使って、slack用のメタル桃子botを作ることにします。作成したbotは、herokuにdeployします。Hubothttps...

SonarQubeの検証結果をGitHubPullRequestのstatusに連携する方法

SonarQubeという静的コード解析ツールがありますが、解析結果をGitHubのPullRequestステータスに連携すると、開発フローのプロセスに、コードの品質チェックを組み込むことができます。SonarQubehttps://www.sonarqube.org/このエントリでは、SonarQubeとGitHubのAPIを利用して、So...

処理結果でfor_eachするために、シェルの出力を変数に代入するDigdagプラグイン作ってみた

Digdagとは、主に、データ基盤でのETL処理のワークフローを定義・実行するためのワークフローエンジンで。TresureDataが公開しているオープンソースソフトウェアです。Digdagのワークフローで、次のような処理の定義をしたかったのですが、上手く書く方法が見つけられなかったので、プラグインを作ってみました。データベースに対してクエリを投げる得られた結果に対して同様の処理を...

Objectifyのv6変更点、及びSpringBootアプリから利用する場合のメモ

GoogleAppEngineのJavaアプリケーションからCloud Datastoreを利用するためのObjectifyというライブラリがあります。2018年4月に、このライブラリのv6がリリースされたのですが、過去のバージョンと大きく仕組みが変わっているので、その内容のメモを残しておきます。objectify:https://githu...

Google Java StyleをCheckstyleとIntelliJ IDEAに適用する手順メモ

Javaのプロジェクトを行うときにコーディング規約を決めてCIでチェックする運用を行いたいが。IDEAのformatterとCIでのチェックが揃っていないと、その差分を手作業で修正する必要があり、面倒さを感じます。このエントリでは、IntelliJ IDEAのformatterと、GradleのChecksytleの両方に、「Google Java Style」という規約を適用する手順を説明します。Google...

RubocopでPullRequestの変更箇所で問題があった場合のみCIを失敗させる

RubocopというRubyの文法チェッカがありますが、これをCircleCI等のCIツールで実行してチェックしている人も多いと思います。Rubocop:https://github.com/bbatsov/rubocopRubocopに限らずですが、このような静的チェックツールは、既存のリポジトリに追加しようとすると、既存...

textlintでRailsの言語リソースを校正してみる

この記事は、ソフトウェアテストの小ネタ Advent Calendar 2017 の15日目の記事です。ソフトウェアテストの小ネタ Advent Calendar 2017https://qiita.com/advent-calendar/2017/software-testing-koneta『な...

Giter8でsbtのプロジェクトテンプレートを作成する手順メモ

Giter8というツールを使うと、sbtでプロジェクトを開始する時のディレクトリ構成・定義ファイルなどを生成出来ます。このエントリでは、オリジナルのテンプレート作成の流れを整理します。Giter8http://www.foundweekends.org/giter8/index.htmlGiter8を使ってみ...

自分の開発環境に依存するファイルをgitignoreする手順メモ

gitを使って開発を行っている時、gitの管理下に含めたくないファイルを.gitignoreに指定しますが、自分の開発環境のみに依存するファイルをプロジェクトの.gitignoreに含めるのはスマートでは無い。そこで、自分の開発環境のみに依存するファイルを共通でgit管理から除外するため、~/.config/git/ignoreに除外対象ファイルを記載します。<...

Spark上でmahoutを使ってitemsimilarityを計算するscalaプログラムを実行する流れ

Spark上でmahoutを使ってitemsimilarityを計算する場合は、以下の記事で紹介されている「spark-itemsimilarity」のバッチを使って実行することができます。Intro to Cooccurrence Recommenders with Spark | mahout<a href="https://mahout.apache.org/users/algorithms/intro-cooccurrence-spark.html...

Macっぽいキー操作でMSYS2のterminalを使うための設定

職場環境の制約等で、MacやMSYS2(Windows)のterminalを操作していると。キー操作の違いにストレスを感じるので、なるべく違和感なく操作できるように、MSYS2側をMacっぽく操作できるように設定してみました。# Macの操作方法が良いという理由ではなく、# 個人的にMacの操作方法に慣れているからです。この手順では以下のソフトを使います。MSYS2/mintty...

HiveのUDFを開発する際のデバッグログの出力方法

hiveのUDFを開発・デバッグしている時に、UDFの挙動をログに出力して確認したいことがあるので。hiveのUDFで、ログを出力し確認する方法をまとめておきます。UDFの作り方は、以下のエントリを参考にしてください。HiveのUDFを作る手順のメモ | takemikami.comhttp://takemikami.c...

hyperasでkeras-rlのハイパーパラメータチューニングをやってみる

ハイパーパラメータを最適化するために探索を行う、hyperoptというpythonのライブラリがありますが。これをニューラルネットワークライブラリのkerasで利用するための、hyperasというラッパーがあります。hyperopt | githubhttps://github.com/hyperopt/hyperopt...

MSYS2上でpython, jupyter, R, atomを使用する設定手順(Windows上でデータ分析するために)

terminal操作に慣れている人がWindows上でデータ分析を際に、linuxやmacosとなるべく同じような感覚でpython, R, atomを使用するための環境を作る手順のメモです。terminalにはMSYS2, minttyを利用して、terminalからpython, jupyter, Rを起動できるように、また、atomをatom ./スタイルで起動できるように設定していきます。<p...

Author
takemikami
読書や創作が趣味なITエンジニア
・データ分析及びアプリ開発
・創作はショートショート
・YUI/FLOWER FLOWERファン
研究発表履歴 | 創作発表履歴
facebook
Google+ Google+
twitter
LinkedIn
Google Play
github
slideshare
Hatena::Bookmark
Recent Posts
[PR]
タグ
あわせて読みたい
PlayStation
[PR]
Twitter
RSS

subscribe via RSS