Rails製ECサイトのSpreeCommerceをインストールしてみた手順

SpreeCommerceというRailsで作られたECサイトのオープンソースパッケージがあったので、インストールして少しだけ設定してみました。SpreeCommerce https://github.com/spree/spree空のRailsアプリを作って、そこに認証機能(Devise)をインストール、SpreeCommerce本体をインストール、認証機能と...

Railsアプリのエラー発生をHeroku上のerrbitで監視する手順

このエントリでは、RailsアプリのエラーをErrbitで監視する手順の作業ログをまとめています。Errbitではエラーの監視を行うことができます。ErrbitはAirbrakeというサービスのオープンソース版で、この手順ではErrbitをHerokuにセットアップすることにします。errbit https://github.com/errbit/errbit<p...

blog用にjekyllを設定したメモ

このブログをjekyllで生成するにあたって、プラグインとかいろいろと調べたので、このエントリにまとめておきます。基本的なことjekyllのプラグイン機能って?jekyllにはプラグイン機能があり、いろいろとサイト生成の挙動を拡張できます。作成したプラグインは_pluginsディレクトリに配置して利用します。以下のページの「Available Plugins」というところで、利用できるプラグインも紹介されてい...

blogをGitHubPages/jekyllに移行したメモ

このブログをGitHubPagesに移行し、同時にWordPressからjekyllでの静的ページ生成に切り替えたので。移行のメモとして、GitHubPagesとjekyllでサイトを作成する手順を残しておきます。GitHubPageではjekyllを使って動的にサイト生成する機能があるのですが、pluginなどを自由に拡張できないなどの制約があるので、Shippableでページを生成して、静的ファイルをホスティングする流れでいきます。全体の流れを以下の図に示します。...

PusherとRubyOnRailsでチャットアプリを作ってみた

このエントリでは、PusherとRubyOnRailsで簡単なチャットアプリを作成する流れを示します。 WebSocketを使うと、Webアプリケーションで、サーバ・クライアント間でリアルタイムな双方向通信を行うことが出来ます。Pusherというサービスを使うと、WebSocketに対応したサーバを自前で用意しなくても、お手軽にWebSocketを使用する事ができるので、Railsと組み合わせて、簡単なチャットアプリ...

MacOSXでAngularJS開発環境を構築する手順

MacOSXでAngularJSでの開発環境を構築したので、その手順のメモを残します。 AngularJS:https://angularjs.org全体の流れは、次のとおり。1. nodebrewのインストール2. nodeのインストール3. grunt-cli, ...

MacOSXでのrbenvを使ってrubyをインストールする手順

rubyのバージョン管理はながらくrvmを使っていて特に不満も無かったのですが、まわりにrbenv使う人の方が増えてきたのもあり、そろそろrbenvに乗り換えようと思ったので、ここに設定手順をまとめておきます。 rbenv:https://github.com/...

母校で後輩が書いた小説の合評してきました

大学の時に所属していた文学研究会の後輩から、「集まるから部室来て」というメールが来たので、行ってみると、合評会でした。文学研究会でやっている合評会は、みんなが書いた文芸創作(小説や詩)を読んで、お互いに批評し合うという会です。何をするのか知らなかった私は、当然、自分が書いた作品を用意していなかったので。後輩達の小説の批評をする立場として参加してきました。それぞれの作品に対して、「読者にどういう風に読ませたいと思って書いたのか?」と作者の意図を...

「期末に予算を消化する」ことに正義はあるか?

期末になると道路工事が増える、など期末までに残された予算を使い切るということが、公共事業や、民間企業でも行われることは多い。普通に考えれば、緊急性の無い工事や、その時点ですぐに必要では無いものを購入したりなどお金の使い道を、わざわざ探して使い切るという行為は合理的ではない。こういった行為は、割り当てられた予算をきちんと使い切るという実績を作って、次の期に、同等の金額の予算割り当てを受けるために行われる。毎期、同様の額の予算割り当てを得るために、...

chef-soloを使ってRstudioServerをセットアップする手順

CentOS6にchef-soloを使って、RStudioServerをセットアップする手順を示します。 RStudioServerセットアップの手順は簡単ですが、処理するデータ量が増えた時の、サーバ増強・増設を考えると、自動化しておいた方がいいような気がしたので、chefのcookbookにしておきました。 このエントリで使用するchefのcookbookは、私のgithubにおいています。 <a hre...

chef-soloを使ってPentahoとInfobrightをセットアップしてみた

PentahoとInfobrightを用いた集計用マシンを、CentOS6.5に、chef-soloでセットアップしてみます。 ここで行うことは、以下の過去エントリのサーバ環境構築をchefで置き換えるイメージです。 PentahoとInfobrightを用いた多次元データ分析環境の構築手順(Community版) <a href="h...

Oracle版JDKをchef-soloを使ってセットアップする方法

chef-soloを使ってOracle版Javaのセットアップしようとしても、Oracleのサイトから利用規約に合意して、JDKをダウンロードという手順を踏む必要があるので、そのままでは、自動化することが出来ません。 そこで、以下の2つの方法を考えました、①社内用のyumリポジトリを用意して、ダウンロードしたJDKのrpmを配置 社内用yumリポジトリからchefでセットアップする②chefのcookbookの中に、...

「良いものを作れば売れる」は違うかも知れないけれど

意識の高いビジネスマンの方とお話をすると、技術者の仕事に対する姿勢を、「良い物を作れば売れると思っている」という指摘する方に、会うことが度々ある。「良い物を作れば売れる」というのは、間違ってはいないけれど、それだけでは足りないのは確かだと思う。「良い売り方」、言い換えると良いマーケティングが無ければ物は売れない。単によい「物」を作っても、その「物」をどのように使うかが、お客さんに伝わらなければ、その「物」が良いかどうかすらお客さんには分からない。...

MacOSX上でFORTRAN環境を作った手順メモ

ちょっと野暮用で、FORTRANを使う機会があったため、MacOSX上でFORTRAN環境を作ったので、手順をメモしておきます。ここではHomebrewを使ってgfortranをインストールします。 実行したOS: MacOSX v10.9.2 (Mavericks) ■Homebrewのインストール以下のHomebrewのサイトの「Install Homebrew」部分に...

KPIを単なる目標として扱っていないだろうか?

ビジネス上、KPIという言葉を使う事が多々ある。私の身近だけかもしれないが、KPIという言葉が単なる目標として扱われていることが多くて、違和感を感じる事が多い。目標という理解でも、間違っている訳ではないのだが、単なる目標として扱ってしまうと、間違った方向にビジネスを進めてしまうリスクがある。KPIとは、Key Performance Indicatorの略で、直訳すると「鍵となる遂行上の計測指標」となる。ここで例として、東京から...

Author
takemikami
読書や創作が趣味なITエンジニア
・データ分析及びアプリ開発
・創作はショートショート
・YUI/FLOWER FLOWERファン
研究発表履歴 | 創作発表履歴
Google+ Google+
twitter
LinkedIn
Google Play
ブクログ
github
slideshare
Hatena::Bookmark
Recent Posts
[PR]
タグ
あわせて読みたい
[PR]
RSS

subscribe via RSS